葬儀業者徹底リサーチ -葬儀費用から選ぶお葬式-

トップ > 葬儀の費用について > 葬儀後の費用精算段階で後悔しやすい葬儀サービス

葬儀後の費用精算段階で後悔しやすい葬儀サービス

昨今はサービス過剰時代ですから病気や事故で近親者が突然亡くなると茫然としているうちに喪主になって葬儀社に頼み、業者側の言いなりになっていると費用精算段階で後悔する羽目に遭うことがあります。
そこで、喪主になったら気持ちを整理してから葬儀を依頼するとトラブルが起こりにくくなります。
もちろん、喪主を引き受ける場合、近親者の中に相談できる人を見つけておくほうが無難です。
高齢者が既に人口の4人に1人を超えてなお増加していく社会なので亡くなる人も増加していますが、その割に火葬場の能力増加が追いついていないようです。
従って、地域によっては込み合っていて数日間も待たされることもあるので、希望する葬式日時を決めて空いている会場を早く確保した方が良いようです。
その上で、身内が集まって葬式のやり方や規模、参列してもらう人及び、プランの確認をしてから葬儀社の担当者と費用の明細まで含めて作業内容を具体的に決めることが大事なようです。



葬儀にかかる費用の仕組みや内訳

葬儀は故人を見送るための大切なものですが、多額のお金がかかってしまうのが普通です。
ですので、トラブルにならないようにするためにも、費用の仕組みや内訳を知っておくことは重要だと言えるでしょう。
費用の内訳としては、お葬式そのものに必要な「本体」の部分と、参列者をもてなすための費用である「飲食接待」の部分、そしてお寺への「お布施」という3つに分けることができます。
まず本体部分は、主に葬儀を依頼する業者へ支払うお金であり、よく広告などに記載されているプラン料金がそれにあたると言えるでしょう。
ですので、そのプラン料金がお葬式全体にかかるお金ではないということを知っておきましょう。
そして飲食接待の部分は、参列者の人数に応じて変わってくるものであるため、小規模なスタイルの場合だとその分安く済ませることができます。
さらにお布施は、宗派などによって違うため親戚や知り合いなどに相場を尋ねておくのもよいでしょう。



葬儀にかかる費用はプランによって変わる

お葬式には多額のお費用かかるというイメージがありますが、具体的に言うと、葬儀全体で200万円程度かかるのが相場だと言われています。
その内訳は、お葬式そのものにかかる「本体部分」が120万円程度で、「飲食接待部分」が35万円程度、そして僧侶へ渡す「お布施」が45万円程度というのが一般的です。
ただし最近では、少人数のお葬式プランや、通常よりシンプルな形にしたお葬式のプランもあるため、それらのプランを選べば、本体部分や飲食接待部分を安くすることも可能です。
例えば、「家族葬」と呼ばれる少人数が特徴のプランであれば、本体部分の料金は50万円程度で済ませることができますし、飲食接待部分に関しても、人数が少ない分安く済ませることができます。
他にも、「一日葬」の本体部分は30万円程度、そして「火葬式」の本体部分は20万円程度と、かなり安くなります。

次の記事へ