葬儀業者徹底リサーチ -葬儀費用から選ぶお葬式-

トップ > 葬儀の費用について > 葬儀の費用はプランをはるかに上回るから

葬儀の費用はプランをはるかに上回るから

葬儀をするにはたくさんの費用がかかります。
ある調査会社の結果では日本の全国平均では約200万円程度かかるともいわれています。
その多額の経費を分析すると、それは単に葬儀社のプランだけではないことが判明します。
プランの経費は一般葬、家族葬などいろいろありますが、プランそのものは約数十万円から100万円程度となります。
しかし現実はこれだけでは済まないで、他に要求されることとして、火葬場利用料や参列者に対するお料理や返礼品などの経費が発生します。
火葬場利用料は地域にもよりますが無料から約数万円程度、これに火葬場まで移動するマイクロバスの利用料などが発生します。
お料理は1人約数千円くらいが人数分なので、仮に20人だと約10万円くらいとなります。
そして何よりも儀式を行うにはお寺さんの存在が欠かせません。
お寺さんはお経を唱える住職さんが1人数万円くらいともいわれています。
しかし告別式はこれが1人だけではなくて、2人や3人になる場合がありますので2人や3人分用意しないとなりません。
これとは別に不文律の経費としてお膳料やお車代が占めて1人あたり約1から2万円くらいかかることになります。
またお寺さんへ支払う経費として、故人が死後につけられる戒名代も相当な経費となります。
これは文字数が増えるほど経費も増えて1文字あたり約2万円かそこらとなります。
大昔はこれが3から5文字程度だったのですが、景気のいい時代に見栄を張った人が相当数いるので、現在は9文字あたりまで拡大していたりなどします。
これをケチって文字を減らすことはある意味で勇気がいる行為になるので、慎重な決断が求められます。



葬儀社への支払い以外に必要な費用

葬儀の費用は、葬儀社への支払いだけではありません。
仏式葬儀の場合、お経を上げてもらったり戒名をいただいたりします。
もちろんですが、それは無料ではありません。
お布施と言う形でお金を払います。
お布施は気持ちで渡すものなので、額が決まっているわけではありません。
だからと言って、100円や200円でOKと言うわけではないです。
それなりの額になります。
いくら渡せばいいかは、地域や菩提寺の考え方などによって変わってきます。
地元で長年営業している葬祭業者の場合、こう言うことにも詳しいです。
まずは相談してみましょう。
また、通夜ぶるまいや精進落としのときの飲食代も必要です。
会葬や香典のお礼にも費用はかかります。
お布施や飲食代、会葬や香典のお礼は葬祭業者の見積もりには記載されません。
別と考えておくようにしましょう。



葬儀社は費用の高い安いで決めてはいけない

葬儀社を選ぶとき、費用ばかりに目を向けていてはいけません。
安いプランを打ち出しているところが優良業者とは限らないです。
費用の高い安いではなく、料金体系が明確かどうかをチェックするようにしましょう。
見積もりは詳細で、質問したら分かりやすく教えてくれるかどうかも大事です。
もちろん、予算に応じたプランを立ててくれるところが良いと言うのは、言うまでもありません。
また、葬儀社は許認可や届出が不要です。
そう言うこともあって、最近は他業種からの参入が多くなってきました。
営業年数が短いところも少なくありません。
やはり、長く営業していて実績もあり、評判がいいところを選ぶようにしたいです。
どこがいいかは、色々な業者を訪れないと分からないでしょう。
なので、事前に探すようにしておきたいです。
これは決して縁起が悪いことではありません。

次の記事へ