葬儀業者徹底リサーチ -葬儀費用から選ぶお葬式-

トップ > 葬儀の費用について > 多くの人が気にするのが葬儀の費用

多くの人が気にするのが葬儀の費用

葬儀社との打ち合わせのポイントを押さえておきましょう。
ほとんどの人が気にするのが費用です。
葬儀社は必ず見積もりを出してくれます。
提示された見積もりに対し、内訳の確認をしっかりするようにしましょう。
会葬者の増減はいつまで対応してくれるか、減った場合、キャンセル料や清算はどうすればいいかなどです。
葬儀で発生するトラブルは、費用がらみであることが少なくありません。
お金のことでもめると、かなり後味が悪いです。
こうした事態を防ぐために、見積もりの確認をすることはとても大事です。
また、家族が亡くなったことで、冷静な気持ちで打ち合わせできないこともあるでしょう。
とは言え、待ってと言うわけにもいきません。
人生経験豊富な年配の親族に立ち会ってもらうようにしましょう。
打ち合わせに第三者が立ち会う事は問題ではありません。



葬儀の費用の内訳などには色々と注意を支払うこと

葬儀というのはかなりお金がかかる行為になります。
その費用は大よそ、いくつかのタイプにわけることができます。
要するに内訳では大抵はこうなっている、ということです。
まず葬祭場を借りるコスト、食事の費用、シャトルバスなどの費用になります。
これらのことをよく見ることです。
当たり前ですがまずは見積もりを出してもらうことです。
それで削れるところは削りましょう。
葬祭場の金額とは別にかなりの花代があったりしますし、場合によっては坊主を派遣してもらうこともあるでしょう。
これが何十万円かかかることもあります。
無宗教でないのであればこれは必須ともいえるのですが檀家であれば坊主は自分のところから派遣してもらうことになるでしょう。
コスト的にはそちらのほうがかかってしまうこともありますから、覚悟しておいたほうがよいでしょう。



小さな葬儀でも費用がかなりかかることもある

以前は大きな葬儀こそが故人の供養になると考えられていました。
しかし、現在では小さな葬儀に注目が集まっています。
とくに、家族葬は新しい葬儀の形として急速に普及してきました。
家族葬には決まった形式はありません。
宗教を問いませんし、無宗教葬でも行うことができます。
最近では、家族葬はあまり費用がかからないと言う点ばかりが一人歩きしています。
確かに、家族葬は会葬者が基本的には少なく、飲食費や返礼品にかかる費用は低いです。
しかし、会葬者が少ないと言うことは、香典を葬式の費用に見込めないと言うことになります。
それは頭に入れておかないといけません。
また、自由度が高いので、式の内容によっては一般葬と同じぐらいのお金がかかることもあります。
場合によっては、一般葬を軽く超えてしまうこともあるでしょう。
それも分かっておくことです。

次の記事へ