葬儀業者徹底リサーチ -葬儀費用から選ぶお葬式-

トップ > 葬儀の費用について > できる限り負担を減らしたい葬儀の費用

できる限り負担を減らしたい葬儀の費用

昔は故人にとって最後の儀式となるので、お葬式は大規模で豪華なものが好ましいと考えられていました。
もちろん周囲からの評価を気にするという傾向の強かったため、必要以上に豪勢なお葬式が執り行われてきた経緯もあるようです。
その頃は、お葬式にできるだけ費用をかけることが良いとも考えられていました。
しかし、最近ではその傾向も軽減されており、金銭的な負担を軽くしたいという考えも認められるようになっています。
その結果、葬祭業者も費用の負担が少ないプランを多く提案してくれるようになりました。
誤解されがちですが、費用をかけないと言うことは、故人をないがしろに扱っているということではありません。
金銭的な面ではなく、より心のこもった故人らしい葬儀にしたいという考えから、シンプルなお葬式が支持されるようになりました。



故人を偲ぶ葬儀にかかる費用を把握する

冠婚葬祭の一つであり、故人を偲ぶ葬儀というのは何かと費用がかかってしまいます。
中でも葬儀一式にかかる費用は多岐に渡りますが、例えば遺体を搬送したり通夜式や告別式を執り行っていきます。
さらに火葬する際に必要な物品であったり、人件費なども含んでいます。
一般的に業者でセット料金として提供していることがありますが、およそ120万円以上かかってしまいます。
また親族などを集めるので、飲食もしくは接待する際にも料金が発生してしまいます。
食事は通夜式から葬儀を行うまで振る舞われていきますが、飲み物や食べ物の合計金額となっています。
参列者で大きく金額は変わってしまう、参列者の人数をあらかじめ把握しておきましょう。
多くなってしまう時もありますが、平均で30万円から50万円ほどとなっています。
場合によっては業者へ用意してもらうか飲食店を手配しておきましょう。



寺院での葬儀でかかる費用も存在する

一般的な葬儀に関する費用だけでなく、寺院費用というものが存在します。
これは長い付き合いがある寺院で対応している僧侶を呼んで、読経を行ってもらったり戒名の授与を依頼していきます。
この時に渡していくお布施となりますが、一般的な形式ならば通夜式において読経してもらったり、翌日の告別式であったり火葬する際に読経してもらうところまで対応してもらいます。
僧侶へ依頼する際に、平均で50万円前後と言われています。
しかし地域や依頼していく寺院で大きな幅もあるので、あらかじめ目安を把握しておきましょう。
費用を抑えていくためには、ある程度リサーチを事前に行っておき、もしも葬祭費の補助や扶助制度があれば利用していきましょう。
国民健康保険に加入していれば、亡くなってから2年以内であれば申請すると最高で7万円支給されます。
そして社会保険に加入していると5万円の埋葬費を受け取れます。

次の記事へ